【保存版】営業の種類とキャリアプランについて隅々まで書いてみた

文系の仕事といえば営業。

どんな会社おいても必要で、かつ利益に直結する部門であることから、求人も非常に多く、未経験でもつくことができる職種です。

ただ、一言に営業といっても、たくさんの種類がありそれぞれまったく仕事や求められる能力が違います。

にもかかわらず、面談に来られる人を見ていると、自分がどういう営業をしていて、その仕事がどのような仕事で、どういった転職先があるのかをわかっていない人がほとんどです。

この記事では、できるだけ網羅性を高く様々な営業職を書いていきます。長くなりますが、自分の仕事について一度考えるきっかけになれば幸いです。

「誰に」「何を」「どのように」 

当然ながら、中途採用なので企業はある一定の即戦力性を求めてきます。となると、今の仕事と遠ければ遠いほど、採用の確率が低く、逆に親和性が高いほど合格確率は高くなります。

そして、自分のキャリアを見つめ直すときに重要なのは「誰に」「何を」「どのように」販売してきたかについて考えることです。

それぞれについて見ていきます。

誰への営業か

誰に営業するのかという観点から見ていくと大きく分けると「法人」と「個人」に分かれます。それぞれについて書いていきます。

〜法人向け〜

一言に法人営業といっても様々な種類があります。販売先を分解して紹介していきます。

〜代理店営業〜

物やサービスを販売代理店に向けて販売する営業です。

この仕事のミッションは「自社の商品を販売店にどれだけ販売してもらうか」です。

そのために、足繁く通い関係性を構築することや、新商品がでたらその製品を売るための説明を行ったりと、自分ではなく他の人に販売してもらうための行動をすることになります。

自分で販売しなくていいという反面、関係構築力やわかりやすく物事を伝える能力が問われる仕事です。

例)保険商品の銀行窓口営業。 車のディーラーに損害保険の営業。 メーカーが専門商社に対する営業。 専門商社の卸売業者に対する営業 など

〜海外営業〜

〜管理部向け営業〜

人事や総務部門に対して、会社の備品、システム、人材といったものを販売する仕事です。

相手にする人たちが決裁権を持っていることが少なく、その人たちがいかに会社を説得できるかという材料を揃えながら、相手の会社全体を動かしていくような仕事です。

販売するものにもよりますが、一件当たりの単価は大きく、長いスパンでの仕事になることが多い仕事で、担当者や会社の方針も見ながら動きをとっていくことが求められ、バランス感覚が求められるお仕事です。

〜購買向け営業〜

資材や商品を購入する専門の部署がありそこに対する営業です。

相手もどれだけ安く仕入れるかが腕の見せ所になるため、交渉力が高いことが多く、それに負けない提案力や交渉力が必要となります。

一方で、商売のロットも大きく、一度契約を決めてしまうと数年間は同じ商流で流れることも多いことから、新しい商品を入れるときには、相手がどういう観点で物事を見ているのか、競合はどういったところが提案してきているのかといった、情報収集力も高いことが非常に重要となります。

〜技術部向け営業〜

工場やシステムなど相手が専門知識や現場感を持っている方に対する営業となります。

ですので、商品の知識や現場感など専門的な知識を身につけていく必要があり、貪欲に新しい知識を吸収し、技術者と対等に話せる関係性を築く必要がある仕事です。

また、現場のいかついおっちゃんだったり、あまりコミュニケーションが得意でない系の方とも話すことも多く、知識に加えてコミュニケーション能力も必要となってくるお仕事です。

〜マーケ向け営業〜

企業のマーケティング部署に対して営業を行っていく仕事です。

良い意味でも悪い意味でも、成果を数字で取られる仕事ですので、良ければ追加で注文をもらえますが、悪ければ改善策の提案をし続ける必要があったり、すぐに契約を打ち切られてしまう 可能性があるため、非常にシビアな世界です。

どうやれば、相手企業の目的をより多く達成できるのかを考え、細かいサイクルでPDCAを回していく必要のある営業です。

〜官公庁向け営業〜

役所や国に向けて、何かしらの商品の提案をするような仕事です。

独占プロジェクトでない限り、入札案件となることが多く、年に数件の案件を獲得したり、既存プロジェクトを回すのが営業の仕事です。

ですので、一回の案件をどれだけ外さず受注に結び付けるかが非常に重要となります。入札が始まってしまうと、公務員は口外することができないため、始まる前にスペック情報や関係者の情報などを入手できるかが非常に重要となります。

ですので、普段から相手との関係性作りをしながら、自分の情報網を広げていく、人付き合いのうまさが求められる仕事です。

〜個人向け〜

f:id:vchangeingjob:20181228095300j:plain

個人向け営業は一般顧客が対象となるため、商品が変わっても比較的融通が効くことが多いです。また、実力主義でインセンティブで稼ぐタイプの仕事が多く、稼げる仕事です。そんな中でも、特に評価が高い仕事が「富裕層向け」の営業です。

〜富裕層向け営業〜

投資用の不動産、資産運用、高級ブランド、車の販売店など、富裕層に向けての営業です。

相手がお金持ちであるだけあって、気配りや接客など非常に高レベルなものが求められます。

また、単価も高いため高所得者も多く、個人営業をしている人は、こういった層を相手にする仕事を目指すのがプレイヤーとしての最高峰と言えるでしょう。

何の営業か

無形営業

IT、システム営業

f:id:vchangeingjob:20181228095618j:plain
 勤続年数
年収
仕事の魅力 成長産業であること。販売だけでなく、完成まで伴奏しながら進めるところ。
 仕事の辛いところトラブルが起きると休み返上で対応が必要であること。獲得だけでなく納期調整なども同時に行わなければいけないところ。
求められる資質対人折衝能力、要件定義力、コミュニケーション能力、スケジュール管理能力


既存顧客のシステムの機能追加や引き合いがあった新規案件の獲得をする仕事です。

加えて、会社によっては納期調整も営業の仕事として入ってくることがあります。営業として、案件を獲得することもさることながら、協力会社との折衝をして納期調整をしたり、お客様の要望から要件を定義したりと、スケジュール管理能力や、対人折衝能力、コミュニケーション能力が同時に求められる仕事です。

 広告営業

 勤続年数
年収
仕事の魅力成果が目に見えてわかること。一から作りあげていくところ
 仕事の辛いところ

締め切りに間に合わせるため、残業過多になりやすい。効果が数字でわかるため、成果が出ないと大変。

求められる資質フットワークの軽さ、チャレンジ精神、数字分析能力

様々な手法を使い、お客様の目的(売上や求人など)を達成するための提案を行う仕事です。いい意味でも悪い意味でも、結果が明確にわかる仕事ですし、お客様が求めるものも結果のみですので、シビアな仕事です。

また、アウトバウンドの営業も多く、こちらから仕掛けることも必要となるため、ガッツやフットワークが求められる営業でもありますが、独立もしやすく、自分の実力をつけたいと思っている人は非常に良い環境であると言えます。

また、一言に広告といっても様々な広告手法から最適なものを提案する「総合広告代理店」や特定のサービスを拡販していく「特定広告」の仕事。ネットに特化した「ネット広告」。さらにイベント、キャンペーンを専門でやっている会社など、一言に広告といってもさまざまな仕事があります。

人材営業

 勤続年数
年収
仕事の魅力 実際に、自分が担当した人の活躍を見ることができる
 仕事の辛いところ 人の感情に振り回されること
求められる資質フットワークの軽さ、ホスピタリティと数字達成意欲の両立、フォロー力

企業に不足している人を充足させるための仕事です。人を扱うため、人間の感情が入り乱れる仕事です。なので、やりがいを感じやすい仕事でもありますが、一方で振り回されることも多い仕事です。人材営業の中でも、人材派遣、人材紹介、求人広告の3つに分かれます。

金融営業

 勤続年数
年収
仕事の魅力 給与水準が高い
 仕事の辛いところ お客様にとって必要ないものも販売しなければいけないことが多い。
求められる資質勤勉さ、知識習得意欲、精神的なタフさ

金融業界は利益率が高く、従業員の給与水準が高いことが特徴です。ですので、いい暮らしがしたい!稼ぎたい!という人にとっては非常に良い業界と言えます。ただ、その一方で、目標がきつく、商品ごとに目標が貼られ、お客様に必要のないものでも、お願いして買ってもらうことも多かったりと、会社のために無理して営業しなければいけないことも多く疲弊する人が多いのも事実です。

不動産営業

 勤続年数
年収
仕事の魅力 転勤なしで稼げる。
 仕事の辛いところ インセンティブ制を敷いている綺語王が多く給与が不安定
求められる資質勤勉さ、知識習得意欲、精神的なタフさ

不動産業界は、管理会社を除くほとんどの会社がインセンティブで稼ぐ仕事となっており、非常にシビアな業界です。ですので、離職率も高くなりがちな業界ですが、逆に言えば稼げる仕事であることも間違いありません。

不動産営業にも、土地活用、不動産売買、不動産賃貸、住宅といった様々な種類があり、それぞれに特徴があります。

旅行営業

 勤続年数
年収
仕事の魅力 ツアー企画の際に仕事で色々な観光名所に行くことができる。
 仕事の辛いところ 給与面が安い。休みの日でも携帯に連絡が入る。
求められる資質タフさ、旅行に対する思い

旅行業界は、利益率が低いため給与水準も低く、かつ非常に忙しくなりがちな仕事です。 正直あまりおすすめはしませんが、ツアー企画で視察をしたりすることが会社の経費でできることもあり、そういう意味では魅力のある仕事でしょう。

ウェディング営業

 勤続年数
年収
仕事の魅力感謝されることが多い。人の幸せを感じながら仕事ができる

 仕事の辛いところ給与面が安い。労働時間が長い
求められる資質結婚式に対する思い、数字達成意欲、ホスピタリティ

ウェディング業界は、人の幸せに携わることができる仕事ですので、お客様から感謝されることの多い仕事です。一方で、労働条件は悪くなってしまうことが多く仕事で「これだけ頑張って仕事しているのに、給与これだけ。。。」というのが転職理由で多かったりします。また、結婚後の働き方についてもまだまだ整備されていないことも多く、結婚を機にやめる人も多い仕事です。

有形営業

工業製品営業

 勤続年数
年収
仕事の魅力金額が大きい。専門性が高い。
 仕事の辛いところ一般人への認知がされていない。理系知識の勉強必須。
求められる資質学習意欲、正確なコミュニケーション力、自頭の良さ


工業製品は、BtoBの商品を工場に向けて販売するお仕事です。
ですので、一般的に馴染みがなく理系知識が必要となる仕事なので、文系の方は商品の知識についての勉強が必須となり、新たに仕事のために勉強を行っていく必要があります。

一方で、比較的事業スピードがゆっくりで、隠れ優良企業が多いセグメントであることも事実です。全体的に腰を据えて10年、20年かけて専門性を高めていきたい人には、おすすめです。

建築営業

 勤続年数
年収
仕事の魅力「あれ俺が建てた」と友達に自慢できる。転職がしやすい。
 仕事の辛いところやんちゃな人たちと商売をしなければならない。
求められる資質コミュニケーション能力、ストレス耐性、お酒の強さ

建築営業は、工業製品営業と同じくBtoBのお仕事ですが、工事現場に足を運び、建築資材を販売するのが、建築営業です。ですので、商売の相手が現場上がりの人も多く、言葉遣いが乱暴な方たちと商売をしなければなりませんので、ストレス耐性が必要となります。

一方で、そういった人たちをコントロールする必要があることから、コミュニケーション能力が高く、転職市場でも評価されやすい傾向にあるのもこの業界です。根性だけは負けません!というタイプには、非常におすすめのセグメントです。

消費財営業

 勤続年数
年収
仕事の魅力世間認知が高い。マーケティング視点を身につけれる。
 仕事の辛いところ給与帯があまり高くない。泥臭い営業が求められる。
求められる資質人間関係構築力

消費財の営業は、量販店やバイヤーに向けて、一般消費財を販売する仕事です。一見華やかに見える営業ですが、現実はかなり泥臭い営業となります。理由としては、商品での競合差別化が難しいためです。ですので、量販店やバイヤーに対して、配達業務や店頭販売のお手伝いなどを含めて、足繁く通い、関係性を作ることが求められます。

その関係性が成り立った後に、「売上をあげるためにどうしたらいいか」といった相談をもらうことができれば、商品棚の提案し、「どのようにすれば自社商品が売れるか」を考え、提案するようなお仕事です。

医療営業

 勤続年数
年収~
仕事の魅力給与水準が高い
 仕事の辛いところ気難しい相手が多い。商品差別化が難しく戦略性が必要。
求められる資質人間関係構築力。マーケット分析力。戦略性。

医療系の営業は、薬(MR)や医療機器をお医者さんを初めとする医療従事者に対して営業を行うお仕事です。一般的にですが、お医者さんは気難しい人も多く、そういった人たちの懐に入らなければならないため、人間関係構築力が非常に必要とされる職種です。

また、商品上競合との差別化が難しいため、その中でどのように今あるシェアを奪っていくかという戦略をたてて行動することも多く、競合を視野に入れた戦略的な行動が必要とされる仕事でもあるため、クレバーさが求められる仕事でしょう。

どのような営業か

最後にどのような営業なのかについて書いていきます。大きくは「新規営業」と「既存営業」に分かれますが、その中にも細かい分類があり仕事の内容は変わってきます。

新規営業

カウンター営業

新規営業の中でも、インターネットやカタログ請求などがあったところに対してアプローチを行い営業するスタイルです。

あくまでも、商品に興味を持った方にたいしての営業スタイルになるため、相手も聞きたい状態からスタートします。

ゆえに、ど新規の営業と比較して精神的な負荷も少ない傾向にあります。その一方で、インセンティブは抑えられていることも多いのが特徴です。

具体的な仕事としては、保険の代理店、大手人材のキャリアアドバイザー、不動産営業などがあげられます。

アウトバウンド営業

こちらは、テレアポや訪問といった、こちらから話を持って行き、開拓するような営業です。断られることがほとんどですので、精神的に大変であることは間違いないですが、その分手数料も多くもらえることが多い仕事です。

また、前任者がおらず、0からのスタートでプラスしかありませんので、そういう面で気楽であるとも言えます。

具体的な仕事としては、広告系の営業、土地活用の営業、コピー機の営業などがあげられます。

既存営業

配達営業

営業という名が付いていながら、商品の配達が業務のほとんどで、たまに営業があるといった営業スタイルです。多くの既存営業と呼ばれるものがこれに該当し、市場価値としても評価されにくい営業スタイルとなります。

具体的には、食品営業、商社(卸売)営業 がこういった仕事になりがちだと言えるでしょう。

打ち合わせ営業

打ち合わせがメインのルート営業は結構稀ですが、上記の「工業製品のメーカー」においてはこういった営業スタイルが主流です。

商談があったところに対して、自社の商品の説明を行い購入まで詰めていくようなお仕事となり、専門性が必要となります。

営業のキャリアプラン

営業職をしていく上でのキャリアプランについていくつかの選択肢を提示していきます。

管理職

営業部長、営業課長といったように、役職をあげていき管理職としてマネジメントに携わるキャリアです。

このキャリアを目指す場合は、「1つの会社に長くいること」が近道です。

一般的に、未経験の人を管理職で雇う会社はありませんから、5年、10年スパンで一つの会社につとめ、管理経験を積む必要があります。

キャリアとしては、どういった職位の人を何名マネジメントしていたかが問われるため、その人数を増やしていくことが、転職市場での価値を大きくあげます。

スペシャリスト

ある領域のスペシャリストとして、知識経験を積んでいきあくまでのプレイヤーとして仕事をしていくキャリアです。

日本的企業においては、成果を残したり、長く企業にいる人は管理職のキャリアを歩むことが多いので、商品知識や経験、英語力などを身につけていきながら、いろいろな会社を渡りあるく人が多いです。

また、商材としては個人営業もさることながら、工業製品系で知識経験をつけて、その道のスペシャリストとして活躍するという道もあります。

スペシャリストとしての転職価値は、「売上実績」「商品の親和性」「言語力」といったところが見られます。

独立

仕事の中で身につけた知識経験を元に独立するキャリアです。

元手が必要ないため、主に無形の営業に多いパターンです。企業の看板を使って得た人脈からスタートしていく可能性が高いので、サラリーマンの時から意識していい仕事をしてお客様に返せるようにしておく必要があるでしょう。

営業企画(教育)

営業で培ったノウハウを生かして、営業企画や新人教育の部門へのキャリアを歩むパターンです。もっと売上をあげるために、資料を作ったり、社内の仕組みを変えたりと第一線から退き、営業部全体を活性化させる仕事になります。

このキャリアを歩む場合も、管理職と一緒でできるだけ同じ会社で実績を作り、その中で社内異動を打診してポジションを勝ち取っていくのが一般的な流れとなります。

転職市場としては、「商材の親和性」と「実績」が問われます。

人事(採用)

管理部門で唯一、数字目標があるのが、人事部の採用部門です。

候補者に自社の魅力を伝え、入社してもらう仕事になりますので、言わずもがな営業力が必要となります。また、営業よりも他の部署とのやりとりを行い、面接の調整等も行わなければならないので、企業内の調整力も非常に必要となる職種です。

営業の中でも、人材系の営業との親和性は高く、人事部を目指す場合は人材の営業を挟んでそこから、いい会社を見つけて転職というのが主流になります。

営業職におすすめのエージェント

転職をするにあたっては、必ずエージェントに申し込みをしましょう。
上記で情報はいろいろ書きましたが、一人一人キャリアは違いますし、描けるキャリアも別々です。

ですので、まずは相談ベースでエージェントを利用してみることをおすすめします。相談することで、キャリアの棚卸を行い、自分のキャリアにおいての強みを知ることができますし、今の会社に残るにしても何を重要視して経験を積んでいけばいいのかも教えていただけます。

ただ、「どこに登録したらいいかわからない!」という人にはDODAがおすすめです。私がDODAをおすすめする理由についてここでは書いていきます。

DODAを薦める理由

求人数が多く、幅広く仕事を把握している。

営業職の転職では「広い視野をもったキャリアアドバイザー」に出会うことが、重要となります。

なぜなら、営業職は異業界への転職が比較的しやすくそれによって実現したいことを叶えれる可能性が高いため、エージェントを選ぶときは求人の多さが何より重要となります。

そういった観点で言うと、DODAは国内最大規模の求人を保有しており、求人数が多いということは提案の幅が広いため、いろいろなキャリアを知る必要があるため、広く仕事を知っている可能性が高いのです。

転職者満足度が高い

転職バズリサーチ社の調べによると、転職満足度が業界NO.1のエージェントに輝いており、非常にキャリアアドバイザーの質が高いことで有名です。
私も転職の際に相談しましたが、エージェントをつかって転職するしないに関わらず、最後まで丁寧にご紹介いただけたので非常に感謝しております。

LINEで気軽に相談できる

大手のエージェントで唯一ラインでの相談窓口を設けており、気軽に相談することができます。
若い方で、「メールは全然使わない!」という人にとって、非常に使いやすいエージェントであることは間違いありません。もし、まだ登録してないなら、下のボタンをおして、無料でキャリアプランの相談を申し込んでください。

まとめ

  • 営業のキャリアは「誰に」「何を」「どのように」から考える。
  • 比較的業界チェンジがしやすい。
  • もし迷ったら、DODAに相談を。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【保存版】経理、財務ってどんな仕事?キャリアプランも含め書いてみた。

女性が営業するなら、どんな仕事がいいの?おすすめの営業について詳しく解説してみた

【保存版】人事、総務ってどんな仕事?キャリアプランも含め書いてみた