女性が営業するなら、どんな仕事がいいの?おすすめの営業について詳しく解説してみた

「今の仕事の給与が低すぎる」

「人と接するのは好きだけど、1日立ちっぱなしで大変」

「将来、どうなっても自分の力で生きていけるようになりたい!」

エージェントとして働く中で、「自分で働いて稼げる力が欲しい」と考えている女性が増えているように思います。

たしかに、昨今女性は、ライフステージによって働き方を変えなければいけないことがあったり、もし結婚ができなかったら・・・、結婚しても離婚したら・・・ということを考えていくと、自分一人でも生きていけるようなお金を得れるだけのスキルは身につけておきたいですよね。

そう考えた時に、特別スキルや資格がない人でもつける仕事が営業です。営業であれば、生活に困らないだけの給与を稼ぎ、かつ転職市場においても企業ニーズが高い仕事になるので、転職もしやすい特徴があります。

ですので、この記事では「女性におすすめの営業職」について書いていきます。

結論:個人営業か無形法人営業がおすすめ

最初に結論をお伝えすると、女性におすすめの営業職は「個人営業」もしくは「法人無形営業」です。

それぞれのおすすめの理由について書いていきます。

個人営業をおすすめする理由

私が個人営業をおすすめする理由は「法人と比較して、女性が決済権限を握っていることが多いから」です。

基本的に、多くの家庭では基本的に奥様が財布を握っているため、個人営業においては、奥様の心を掴むことが非常に重要となってきます。
そういう観点で言うと、女性であり女性の気持ちがわかるということは、営業において強みであることは間違いありません。

また、そういった「女性」であることを強みにできる業界だからこそ、働き方や産休育休制度なども整備されていることも多く、将来的なキャリアプランを描きやすいというのも特徴です。

具体的な仕事についてご紹介していきます。

保険営業

保険営業は実力主義な部分もありますが、女性が活躍している職場も多く、おすすめしたい仕事です。

保険の営業にも2種類ありまして、

  • 自分から出向いて保険を販売するアウトバウンド型の営業
  • 興味がある人対して提案をするインバウンド型の営業

となります。イメージとしては、前者は一般的な保険会社、後者はほけんの窓口のような代理店でのお仕事になることが多いです。

仕事の負荷としては、後者の方が低いですが、その分給与帯、インセンティブの度合いが低いなどのデメリットもあります。

キャリアアドバイザー

人材紹介会社のキャリアアドバイザーもれっきとした個人向け営業です。
仕事内容は、転職希望者に対してお仕事を紹介し、実際に転職を実現してもらうこと。そのための、求人紹介、面接アドバイス、意思決定に関する助言、退職交渉におけるアドバイスを行います。

転職希望者の半分は女性であるため、女性ならではの悩みを聞くことができることや、今の会社に対しての不満がある方に対して、女性の共感力、傾聴力が生かすことができる仕事です。

また、結婚されている方に対しては、奥さんから転職を応援してもらう必要もあるため、奥様を説得するためのポイントなどもアドバイスできることから、「女性」としての力を発揮しやすい仕事でしょう。

派遣のコーディネーター

派遣のコーディネーターも女性におすすめする営業職です。
仕事内容は、派遣に登録があった人に対して、派遣のお仕事をご紹介する仕事です。

派遣社員の9割は女性と言われており、ここにも女性の共感力を生かすことができるフィールドがあります。

また、企業によっては個人営業で数少ない、土日休みが実現できる仕事でもあります。何人仕事についていただけるかやその売上金額で評価がされるお仕事でもありますので、大変ではありますが、仕事を見つけるという観点ではやりがいを感じることも多い仕事です。

住宅営業

住宅営業も女性が活躍しやすい営業職です。実際に購入する家に一番いる時間が長いのは女性ですので、一番女性の意向が反映されることが多いです。

ですので、いかに女性の心をつかむような話ができるか。それを限られた予算の中で実現できるかというのが一番のポイントとなります。

また、女性ならではの感性で家を提案し実現することができるお仕事ですので、そういった強みを発揮して活躍される方も多くいらっしゃいます。

無形法人営業をおすすめする理由

無形の法人営業をおすすめする理由、それは「男女で差が出にくい仕事だから」です。無形の法人営業は提案の幅が広く「組織の課題をどれだけ解決できる提案ができるか」という観点で物事を見ることになるため、その提案力と根回し力が一番見られるポイントとなります。

ゆえに、女性ということがあまり不利にならず、実力主義のお仕事になります。また、個人営業では叶えづらい土日休みを実現できるお仕事でもあるため、土日休みたい!という人にとっては、うってつけです。

では実際にどのようなお仕事があるのでしょうか?そちらについて書いていきます。

IT、web営業

IT、webの営業は、比較的新しい業界で、流れや改革も早く女性も働きやすい環境が整えられていることが多い業界です。

仕事内容はシステムを使って、企業の業務を効率化する。もしくはwebを使って売上をあげる支援を行う仕事であり、その提案力、課題解決力、企業根回し力が求められます。

今後も必ず伸びていく産業であることや、webに関するノウハウを手に入れることができれば、自分自身で開業もしやすい業界です。

また、企業としての社風もフラットであることも多く、女性にとっても働きやすい環境が整えられている業界でしょう。

広告営業

広告の営業は、女性ならではの観点を生かして提案できる仕事でもあります。

ほとんどの会社の広告は一般消費者に向けての広告となるため、特に女性向け商品に関しては女性の感性を生かすことができます。

そういう「女性の活躍が会社の成長につながる」という観点もあって、女性の働き方について考えられている会社も多く、出産後も復帰してバリバリ働く人も多い業界です。

人材営業

人材の法人営業も、女性の活躍の場が多い職業です。

理由としては、女性の働き口を増やしていこうというのが叫ばれている中で、女性の意見や考え方を取り入れていく必要があることや、「働く人」を商売のタネにしているため、社会的責任の面でも先陣を切って推し進めなければならない立場でもあることから、女性が営業として活躍しています。

ちなみに私が所属している会社も女性が非常に多く働いていることからも、そういったことは言えるでしょう。

有形法人営業は活躍の場が少ない

女性の活躍の場として、有形の法人営業はあまり活躍の場が広くありません。

理由としては、古くからある業界が多く、「年功序列」「男性社会」が色濃く残っている傾向が強いからです。ですので、企業として女性の活躍に取り組んでいこうとはしているものの、商売の相手がそうでないことが多いことからなかなか変革できていない企業が多いことも事実です。

また、製品で差別化がしにくいことも多く、営業のスタイルが、お客様の所に通って泥臭く営業することが多くなりがちであり、結果として、夜遅くまで飲みに付き合ったりする必要があるというのも、女性が営業として働きにくい環境となっている要因となります。

まとめ

  • 女性としての強みを生かした仕事に就こう!
  • 個人営業は決裁者が女性のため強みが生きやすい
  • 無形法人営業は男女関係なく提案力で勝負ができて土日休みが実現できる
  • 有形法人営業は男性偏重社会が根強く残っていることが多い

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【例文付き!】営業転職におけるたった一つの「志望動機」の作り方

もう失敗しない!第二新卒における転職のポイントとは

営業の異業界転職は何歳まで?成功の秘訣も含め書いてみた

【保存版】営業の種類とキャリアプランについて隅々まで書いてみた

営業実績で嘘を書くのはOK?上手い嘘のつき方について考察してみた。

事務未経験女子必見!正社員で事務職に転職するための方法とは